「成果を出せる人」と「成果を出せない人」の大きな違い

「成果を出せる人」と「成果を出せない人」の大きな違い

成果 = 努力

成果というものは、努力次第である。

誰もがそう信じているし、実際そのとおりである。

じゃぁ、その努力が2倍、3倍、10倍になれば、その成果は2倍、3倍、10倍になるか?

残念ながら、そうなる人とならない人がいる。

同じ努力をしたとしても、成果を出せる人と出せない人がいる。

例えば、学生時分の部活動の練習は、誰もが同じ練習内容で同じだけのトレーニング量をこなします。なのに、グングン伸びる子もいれば、そうでない子もいる。

もしかすると、伸びる子は個人的に別のトレーニングをしているのかもしれませんが、ここでは「隠れた自主トレ」はなしで話を進めていきます。

(もちろん自主トレはしたほうがいい、いや、してください。)

さて、結果を出す人、伸びる人、成果を出す人は、アタリマエの如く「努力」をしています。

『努力したものが必ず報われるとは限らない。しかし成功する者は少なからず努力をしている』

大作曲家「ベートーベン」の有名なこの名言のとおり、努力なしに成果をだせません。どうしても努力をしないで結果を出したいのなら、「夢の中」で漫喫してください。

とはいっても、努力をしても、結果がなかなかでない人、伸び悩む人、成果を出せない人も、同様に弛まぬ「努力」をしているはずなのだ。

この違いはどこにあるのだろう。

やはり、「努力の量」の違いなのだろうか?

もちろんそれもあります。量を重ねることにより、少しづつではあるが努力はいずれ報われる可能性は大。

ですが、量を重ねるということは、それだけ時間を要する事であり、できる事なら最速で結果を出せた方がいいにはいい。

これまで、自分なりに努力を重ね、懸命にがんばってきた。そんなあなたに、知っておいてほしいことがあります。

あなたの努力を重ねるかんばりに、努力の質、「努力密度」を上げるための一つの真実をここでしっておいてほしいのです。

成果 = 努力 × センス

そう、成果を出すためには、努力に加え、努力では補えない「センス」が必要なのです。

そして、成果を出す人とそうでない人の違いは、まさしく「センス」があるかないかの違いなのだ。

子供のころから「努力」の仕方は教わった経験はあるが、「センス」に関することは誰も教えてはくれません。

「センス」とは。

「センス」と聞いて、あなたはどう解釈しますか?日常生活でもよく使う言葉です。

「あの人はセンスがある」などというような使い方をしますが、実際に「センス」とは何を意味しているのかご存知でしょうか?

おそらく曖昧なイメージで使っている人も多いはず。もしかすると、生まれつきの「才能」のようなものだ思っているかもしれません。

確かに、センスとは「才能」だとされている。ですが、「才能」という言葉を使ってしまうと、なぜかそれだけで「先天的に特別にあたえられたもの」だと思い込んでしまうので、ここでは「能力」という言葉を使って説明します。

「センス」とは、「物事の微妙な変化を感じ取る能力・判断力の能力」という意味を持っている。

そして、先天的な要素もあるかもしれないが、ほとんどが「後天的に磨かれた能力」によるものです。

もう少しわかりやすく言うと、「ちょっとした違和感に気付く能力」、つまり、「ん?なんか違うぞ?」という “ 的外れになってしまっていることに気づけること ” を「センス」という。

実は、センスにはいろいろありまして、タイミングの違いに気付くセンス、力加減を判断できるセンスなどがある。

そして、そのわずかに的外れになってしまっている状態に素早く感覚的に気づき、状況に応じて判断できることを、「センスがある」という。

例えば、「あなたファッションのセンスあるねー!」ということは、「あなたは状況に合わせた洋服の選択ができるねー。」と言い換える事ができます。

では、センスをよくするためにはどうすればいいのでしょうか?

いってみれば、センスがいいとは、その状態が「もっともいい具合の状態をたもてる」ことをいいます。

つまり、いい具合の状態で努力をすれば、その努力もセンスのいい努力を重ねる事ができ、成果をだしやすくなるということです。

例えば、「歩く」という行為で例えてみましょう。

仕事を終え、ダラダラと歩きながら家に帰る人と、颯爽と正しいフォームで心拍数を意識して歩く人がいます。

後者の「歩く」は、家に帰る事だけを意識した「歩く」です。一方、後者の「歩く」は、運動不足の解消、ダイエットなど、ウォーキングトレーニングを意識した「歩く」です。

少し極端な例ですが、何となく分かってきたでしょうか?

前者は家に帰る事が目的で「歩く」事には全く意識していませんが、後者は「歩く」行為そのものに強く意識しています。そこに目的があるからです。

つまり、同じ「歩く」でも、目的を意識しているのと、していないのとでは「歩く」行為に対する「センス」が大きく違ってくる。ということです。

センスとは、 “ 的外れになってしまっていることに気づけること ” といいました。

その気づく能力をつけるためには、「目的意識」をもって取り組むことが重要になってきます。

目的意識がないまま取り組んだとしても、目的から外れる、つまり、的外れの努力になってしまう。

そして、的外れな努力をいくら重ねたとしても、それを人は「センスがない」なんていったりもする。

では、目的意識をしっかり持って努力すればセンスは磨かれ、成果をだすことができるのか、といえばそうでもない。

ここからが、さらに重要なポイントです。

「目的意識」を邪魔するもの

目的がしっかりしていても、取り組んでいるときに、「迷い」や「不安」、「邪念」などが入り込んでしまうと、知らず知らずのうちに「的外れ」になってしまうことがあるのです。

努力をする時、迷いや不安が一切ないとしたら、ストイックに「行動」する事ができるはずです。

しかし、人は、「行動」をする前に、必ず「迷い」「不安」など、行動にブレーキをかけてしまう「感情」が邪魔をする。

「よし、やろうー!」と思っても、「こんな事でいいのかなぁ」とか、「もっと簡単にできる方法ないかなぁ」とか、「ホントにこのままでいいのかなぁ」など、しなくてもいいはずの「迷いの感情」が先だってしまう。

本来なら、目的に向かって、ただストイックに取組めばいいはずなのに、いらん感情が、集中力を低下させ、努力にフォーカスできなくなってしまうのです。

先ほどの、「ダラダラ歩いて家に帰る人」になってしまい、「運動不足解消、健康増進を意識したウォーキング」という目的意識がないまま努力してしまっているのです。

センスを磨くには、同じ努力をするにしても、まずは「目的」をしっかり意識する事。

そして、取り組むべきことにフォーカスし集中することで、 “ 的外れになってしまっていることに気づける ” センスという能力は磨かれるのです。

センスとは、先天的な「才能」ではなく、いかに「目的に応じて集中し、夢中に取り組むことができるかどうか」という後天的な「意識力」によるものだ。

あなたの努力は、ちゃんと目的に応じているだろうか?

あなたの努力は、「優先的にやるべきこと」にフォーカスしているだろうか?

「あの人がしているから自分もしないと」とか、「そんなことやっても意味ないよ」など、センスを下げようとするセンスキラーに惑わされてはいないだろうか?

あなたが、「これをやる!」と決めた瞬間、「目的」はちゃんとハッキリしています。そして、やるべき事にも迷いなく集中し、行動にフォーカスしようとする。最も最適な状態なのです。

「これがしたい!」「こうしよう!」と直感的に判断したら、思い立ったが吉日、 “ すぐ ” に取組まないと、忽ち「不安」「迷い」が襲いかかってきちゃいますよ。

成果 = 努力 × センス

成果 = 努力 × 目的意識 × 集中力

成果 = 努力 × やると決めたらすぐに迷わずやるのだー!

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます。ファイト!