QRコード決済とは?基本のキを知ろう

QRコード決済とは?基本のキを知ろう

群雄割拠のモバイルキャッシュレス決済の乱は今、さらなる激戦化へと突入。

ゆうちょ銀行はモバイル決済サービス「ゆうちょPay」を5月8日から提供すると発表。当初は、家電量販業界首位の「ヤマダ電機」やドラッグストア界の王者「ウエルシア薬局」など17社が導入。その後、提携企業を順次拡大する模様。

さらに、三菱UFJ、三井住友、みずほなどのメガバンク3行が共通規格のQRコード決済の実用化を目指し、「Bank Pay(バンクペイ)」を2019年秋に逆襲と相まって本格参戦します。

ついに、大手が参戦するとなると、キャッシュレスの推すの本来の“ 大きな目的 ”が見え隠れしてきます。

この件に関してはまたの機会に執筆しましょう。

キャッスレスは大きく3つに分類

まず、大前提として、「キャッスレス」は、大きく3つに分類されています。

クレジットカード

まず、代表的なのは従来より親しい「クレジットカード」。世界中で買い物に使うことができる決済カードです。楽天カード・ 三井住友VISAカード・オリコカードなどが人気です。

「VISA」「マスターカード(MasterCard)」「JCB」「アメリカン・エクスプレス」「ダイナース」これらは「国際ブランド」と呼ばれており、カード発行会社とは区別されます。

カード発行会社は一般に「カード会社」と呼ばれ、1社で複数の国際ブランドのカードや、異なる付帯サービスを付けたいろいろな種類のカードを発行し、カード発行会社に決済システムを提供している。

原則としてVISAのカードは、VISAの加盟店でしか使えません。

電子マネー

続いて電子マネーといえば、代表的なブランドとしては、「nanaco」や、「WAON」などがあり、「Suica」といった交通系の電子マネー、「iD」「QUICPay(クイックペイ)」といった“おサイフケータイ”も電子マネーの一種です。

電子マネーは、クレジットカードと同じで「お買物で使えるカード」ですが、明確な違いがある。

簡単に言うと、一番の違いは支払い(入金)のタイミング

クレジットカードは 、使った分はの請求は月1回まとめての「後払い」です。

一方、電子マネーは、「チャージ方式(前払い方式)」と「チャージ不要(後払い方式)」の2つのタイプがあり、多くの電子マネーは「チャージ方式」を採用している。

ほとんどの電子マネーで採用しているプリペイド型(前払い)は、事前に入金した分しか使えないのが特徴で、使える金額は限られますがセキュリティ上安心。審査も不要で未成年でも簡単に作ることができる。

ポストペイ型(後払い)はどちらかというとクレジットカードに似ています。使った分は月1回まとめて請求され、登録したクレジットカードの限度額の範囲内であればいくらでも使えます。「iD」や「QUICPay」がこれにあたります。

電子マネーは利用の際カードやスマートフォンを機器にかざすだけなので、支払いがクレジットカードに比べてスピーディ。基本的に2万円~5万円までの少額決済しかできないので、コンビニや電車の切符などこまごまとした支払いに向いています。

QRコード決済について

「QR決済」は、スマートフォンの操作だけで決済が終了するキャッシュレス決済手段の一つで今、一番注目されている決済方法。

サービスを開始する事業者が相次ぎ、徐々に浸透してくることが期待されています。


消費者として「絶対使わなくてはいけないもの」ではありませんが、「使い方がわかればお得」になるでしょう。今はスマートフォンが普及して誰もが持つ時代です。そういう意味では理想的な決済なのかもしれません。

QR決済の主な利点

QRコード決済の長所として、利用するユーザーにメリットがあるだけでなく、店舗側にしても導入のハードルが低いとされてます。

例えば「おサイフケータイ」などのように専用の読み取り装置を用意する必要がなく、市販のタブレット端末などで決済処理が行えるので初期投資が少なくて済みます。そのため、個人経営の小規模店舗でも導入しやすいとされている。

QRコード決済サービスの基本的な使い方

それでは、QRコード決済の使い方を知り、どんなものであるかを理解していきましょう。サービスによって細部は異なりますが、一般的な流れは下記のようになります。

スマートフォンに専用のアプリをインストールする

基本、カメラ機能が内蔵されたスマートフォンが必要で、あらかじめ、QRコード決済用のアプリを自分の端末にダウンロードする必要があります。携帯電話でもスマホの機種、iPhoneやAndroidなどを選ばないでインストールできます。

主なQRコード決済用アプリは、PayPay、楽天ペイ、LINEペイ、d払い、Origami Payなどがあります。

アプリに支払い方法を登録する(クレジットカードや銀行口座の指定)

各決済サービスに対応したアプリをスマホにインストールしましたら、あらかじめ手持ちのクレジットカードや銀行口座などの情報を登録しておく必要があります。

ダウンロードしたQRアプリを開き、 ユーザーID等でログイン後、各アプリサービスの内容に従って、必要な情報を登録すれば、チャージして使える状態になります。以上でスタンバイ完了。

そのQRコード決済が利用できるお店を探す

さて、せっかくスマホにQR決済の準備完了しても、店舗側がQR決済未対応では当然使えません。あらかじめ、各アプリサイトにアクセスして、利用できる店舗を必ず確認しておきましょう。

店頭で支払いに使うサービス名を伝え、 アプリでコードを読み取って決済する

QRコード決済は、店舗での支払いの際に利用者がスマホの画面にQRコードを表示して店側が読み取る「店舗読み取り方式」か、あるいは店側が提示するQRコードを利用者がスマホで読み取る「ユーザー読み取り方式」の2種類のどちらかで決済が完了。

ユーザー読み取り方式

店舗が表示するQRコードをユーザーが読み取る方法。「Origami Pay」では、店舗用アプリに表示したQRコードを、ユーザーがスマホで読み取って支払いを完了させます。「Pay ID」の“商品QRコード”のように、商品ごとに金額を設定したQRコードを印字して、ユーザーに読み取ってもらう方法もあります。

  1. レジで利用するQRコード決済サービスをお店側に伝える
  2. 専用アプリを起動して自分のスマホにQRコードを表示させる
  3. お店側がタブレットなどでQRコードを読み取り、決済
店舗読み取り方式

ユーザーがQRコードを表示し、お店が店舗用アプリで読み取って決済する手法は、「LINE Pay」、「楽天ペイ」などで採用されています。楽天ペイのようにQRコードと共にバーコードが表示される場合は、レジのスキャナーでバーコードを読み取って決済することもできます。

  1. レジで利用するQRコード決済サービスをお店側に伝える
  2. ユーザーがQRコードを客側に表示する(※QRコードは、タブレット画面のほか、印刷物の場合もあります)
  3. 専用アプリでQRコードを読み取る
  4. 金額入力欄がスマホに表示されるので、自分で支払金額を入力
  5. ユーザーが確認をして支払いボタンをタップ