「お金」を表す言葉の違い

「お金」を表す言葉の違い

私たち人間社会において、 欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体及びその概念を「お金」という。

お金を表す言葉をザッと挙げてみると以下の種類があります。

金額・価格・値段・料金・費用・代金・代価・対価

今回は、これらの「お金」を表すの言葉の使い分けとそれぞれの意味の違いについての説明です。ここでもう一度確認しておきましょう。

金銭の量を「金額」といいます

まずは、以下の図を見てください。大きく区分けするとこのようになります。

ご覧のとおり、これらのお金の表記は「金額」という言葉の中に含まれています。 

「金額」とは、金銭の量。つまり、お金を数値で表し、「いくらの額なのか」を示した言葉として使われます。

「金額」という言葉の中に、「価格・値段・料金・費用・代金・代価・対価」という言葉の表記がある。と、捉えてください。

上の図を見ると、 「価格・値段」と、「料金・費用・代金・代価・対価」 の二手に分けられていますが、これらの違いを見てみましょう。

まず、「価格・値段」は、 モノやサービスの値打ち(価値)を金額で表したものをいいます。

一方、 「料金・費用・代金・代価・対価」 は、 商品購入やサービス利用に必要なお金。 つまり、支払う金額を表したものをいいます。

「価格」と「値段」の違い

価格と値段は、モノやサービスの値打ちを表したもので、基本的には意味は同じですが、使われ方が微妙に異なります。

一言で違いをいうと次のようになります。

  • 価格 = 書き言葉(文語的)
  • 値段 = 話し言葉(口語的)

「価格」とは、売買を前提とした、物の値打ちのことで、 客観的、文語的な表現をいう 。主に、書面で文章にする時などに使われます。

価格の「価」は、物の値打ちを表し、「格」は、物の基準や程度を表す漢字。つまり、物の値打ちをお金という基準で表したものが「価格」。

一方、「値段」は、価格と同じく売買を前提とした、物の値打ちのことですが、 主観的、口語的、カジュアルな表現をいいます。簡単に言うと、普段の会話の中などで使うのが「値段」です。

例えば、ある商品について、メーカーから仕入れた金額を伝える時、会話では「~の値段は〇〇円だった」などと言いますが、書面では「価格〇〇円」と表記します。

いかがでしょうか?「価格」と「値段」に違いは理解されたでしょうか?

例えば、このように使われたりします。

A商品の「価格」は少し高いねぇ。
もう少し「値段」を下げて販売してみるかぁ。

「代金」と「料金」の違い

それでは、 「料金」と「代金」、「~料」と「~代」という言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?

料金と代金の意味の違い、使い分けを区別する簡単な方法は「カタチがあるかどうか」で考えるとわかりやすいでしょう。

  • 料金 = サービスの利用に対して払うお金
  • 代金 = 個々の商品に対して払うお金

「代金」とは、お金と引き換えに商品(カタチがあるもの)をもらえるときに払うお金のことで、 「料金」とは、サービス(カタチがないもの)の利用に対して払うお金のことをいいます。  

もう少し詳しく説明してみましょう。

「代金」とは、何かを購入するときに、受け取る品物 (カタチがあるもの) の代わりに支払うお金のことをいう。

電気、水道、ガスなど固定的な支払いなど、買い手が売り手に渡す金額をすべてまとめた言葉として使われます。

例えば、エアコン購入時の品物価格、初期設定費用と運送費用などをまとめた金額を「代金」という。

一方、「料金」も同じく買い手が売り手に支払うお金のことですが、主に、サービス (カタチがないもの) に対して使われます。

手数料や人を紹介してもらうというサービスに対しての紹介料や、資格取得のためにスクールで勉強を教わるというサービスに対しての授業料などに使われます。

「代価」と「対価」の違い 

では、最後に 「代価」と「対価」の違いについて説明します。

「代価」と「対価」の違いは、実は明確で、支払うお金と受け取るお金のちがいです。

「代価」とは、 ある事柄を成し遂げるために生じた犠牲や損害。「権利獲得のために支払った代価として~」とか。

「対価」とは、 他人に財産・労力などを提供した報酬として受け取る財産上の利益のことです。「労働の対価として給与をいただく」とかですね。

  • 代価 = お店で売ってる商品の値段や代金のこと
  • 対価 = お金や労力を提供した見返りとして受け取る利益のこと