「何かを得れば何かを失う」という「何か」を紐解いてみました

「何かを得れば何かを失う」という「何か」を紐解いてみました

「何かを得れば、何かを失う」

何かを手に入れたいなら、何かを手放さなくてはいけない。

いつしかこんなことをどこかで聞いたか、あるいは見たことはあるでしょう。

あなたはこのことを信じるだろうか?

信じるとか信じないとかの問題じゃないかもれませんが、新たに何かを手に入れると、何かを必ず失っているような気がすることってありませんか?

何かを手に入れるの「何か」は、ハッキリと分かるんだけど、失っているものはわかりずらくて後から気づけば「大切なこと」を失っていた、ということがある。

だから、僕は、この事を信じるか信じないかを問うのではなく、どういったことが見え隠れしているのかを、知っておいた方がいいと思うんです。

ちなみに僕は、「何かを得れば、何かを失う」というのは、確かにあると思う。

というのも、分かりやすいことでいえば、いろいろありそうだ。

ギャンブルで大当たりしたが、それまでに多くの時間と金銭を失う。

仕事ばかりをしていると、家族と過ごす時間は減ってしまう。

物を買う時は、それに見合った代価を支払う。

・・・・

考えてみれば大体が、何かを得る時、必ず何かを失う仕組みにはなっている。

上記のような事例は、すごくわかりやすくて、何を失うのかは、何かを得る前に気づきそうですよね。

だけど、厄介なのは、何を失っているのかを「気づかないこと」があるんです。

その「何か」とはなんなのか。本当に失っていると解釈してしまっていいのだろうか。

「たった一つの何か」を得ることは、「無数の何か」を失うこと

たとえば、コンビニで「水」を買った時、お金を払います。

このとき、得たものは「水」で、失ったものは「お金」だと思いますか?

「水」がほしいんだったら「お金」が必要ってなりそうですが、僕は違うんじゃないかと思ったりもする。

というもの、「水」を買う時ってのは、のどが渇いていた時とか、そのたもろもろの理由があり、「水」という品物がたまたま必要だった、と考えます。

単純に、のどが渇いていたから「水」を買ったのであるなら、

得たものは「のどの渇きをいやせた」という満足感を得ることができた、ということになる。

じゃぁ、失ったものは何だと思いますか?

「お金」ですか?

たしかに、代価としてお金を支払ったのは事実ではあるけど、「水」だったら他の誰かにもらうこともあるし、水道の水でも「のどの渇きをいやせた」という満足感を得ることができます。

だから、お金というのは、何かを得るための一つの手段にすぎない。

だとすると、失ったものは「何か」という話になります。

そこで、思ったのが、何かを得るというのが、仮に「満足感」だとします。

先ほどの例でいうと、「のどの渇きをいやしたい」という満足感。

その満足感を得るために、失うものは3つあると思う。

それは、「状況(環境)」「支援」「欲望」。

のどが渇いているとき、その、のどの渇きをいやすための「水」がない状況ですが、水を得ることができた時点で、のどの渇きをいやせるものがない、という「状況」または、「環境」を失う。

のどの渇きをいやすための「水」を提供してくれるコンビニというお店、定員、突き詰めるとそれを作ってくれた工場の人とかによる「支援」は、水を与えてくれた時点でその役目は終えます。

そして、のどが渇いていたという自分の「欲望」は、水を飲むことでなくなります。

水を得るということは、水がないという「状況(環境)」を失い、水を提供してくれる「支援」を失い、水が飲みたいという「欲望」を同時に失う。

水というたった一つの物を得るために、じつは無数の失うことが潜んでいるということ。

さらに、突き詰めてみると、失うことは3つどころじゃありません。

コンビニにいくための「労力」や「時間」、のどの渇きをいやすためにどうすればいいかといった自分の「思考」や、代価としてはらった「お金」なども、水を得た時点で同時に失うことになります。

僕たちは、何かを得ることにばかりに意識が向いてしまいますが、その背景には、気づかない無数の何かが失われている。

そう考えると、「何かを得れば、何かを失う」ということは否定のしようがない。

「失う」という解釈で済ませてしまうと「失ったまま」で終わる

だけど、ここまで紐解いてしまうと、なんだか、何かを得ると、いろんなことを失ってしまう、というネガティブな印象が強くなってしまうよね。

それにいちいち、何かを得るために何が失われるんだろうかと恐れていては、得たいものも得ることができなくなってしまいます。

ではもう一度、「何かを得れば、何かを失う」ということを分解してみます。

何かを得る = 欲望

何かを失う=環境(状況)・支援・欲望

このように、「得る」ということは、それ以上に「失う」ことがある。

これは確かなことではあるが、「失う」という考えではなく、もっとポシティブな考え方に置きかえる事も出来そうです。

「環境(状況)」を失うのではなく、新たなステージが変わる「チャンス」だということ。

「支援」を失うのではなく、これまで手助けしてくれた人達に「感謝」できるということ。

「欲望」を失うのではなく、願いが叶ったことで、他の誰かに「支援(手助け)」ができるということ。

つまり、失うというネガティブな捉え方を、ポシティブなことに解釈するためには、忘れてはいけないことがあるということ。

何かを得るということは、人に貢献できることを可能とするが、その背景に潜んでいる「環境の変化によるチャンス」を見逃さないようにするということ。

何かを得るために、助けてもらった人の支援や協力に「感謝」する事を忘れてはいけないということ。

そして、欲望や希望の願いが叶ったとき、自分だけが満足して終わるのではなく、他の誰かを「支援(手助け)」できるようになったということを忘れてはいけないと思う。

つまり、何かを失うという解釈は、何かしらの「使命」が与えられ、人に役立つことができる「貢献力」が得られるという捉えかたができる。

何かを得ることは何かを失うことではあるが、それは、他のだれかに役立つことができることで、自己肯定感が高まり、今までできそうになかった新たな「貢献」ができるようになるということなんです。

夢や目的を叶えたときの「得る」こと「失う」こと

あなたは何か自分の「夢」を叶えたいと思っているとしたら、やはり無数の失うことがあるでしょう。

その夢が叶ったとき、気づけば知らないうちに大切なことを失っていた、ということがありませんか?

それは、新たな環境や、おかされた状況という新たなステージが変わる「チャンス」だとを受け入れることができなければ、今までの慣れ親しんだ環境でいたいという「安堵感」を失ったと思ってしまうでしょう。

夢を叶えるために、これまでにいろいろと手助けしてもらった人の支援や協力に「感謝」することをしなければ、友人や家族、先輩、親族などのこれまでの間柄に歪が生じ、親しい関係を失ってしまったと思ってしまうかもしれません。

夢が叶ったからといって、自分だけが満足し、それを他の誰かのために役に立てようという「貢献」がなければ、あなたが手に入れたその夢は、ただの身を守るための「防具」だったり、誰かに勝つための「武器」になってしまう。

自分の地位や名誉を守るための「防具」になると、自分のみを守ることはできるが、他の誰かを守る事はできません。

他者に勝つための「武器」になってしまうと、自己中心的な考えや行動が募り、今まで以上に「敵」を増やす事となりかねません。

夢を叶えることができるということは、何かを失うことを覆すことはできない。

それは、「環境(状況)」・「支援」・「欲望」など、無数の気づきにくいことが潜んでいるかもしれない。

だが、それらを失うということは、同時に「変われるチャンス」「感謝をする」「手助けができる」という、他者の役に立てることができる「貢献」を得ることができるのである。

要は、何かを得ることで、何かを失うことを恐れないためには、変わろうとする気構えと、協力して頂いた人たちへの感謝、そして、得たもので、他者に貢献できる事は何かを考えることが大切。

「何か」だけに執着してばかりいると、無数の気づけない大切なことを見落とし失うこととなるのだ。

ほしい、ほしい、なりたい、こうしたいという得ることだけに執着していると、本当に大切な「何か」を手放していることに後から気づいてしまうのだ。

失うことで得られる「何か」

「何かを得れば、何かを失う」

何かを手に入れたいなら、何かを手放さなくてはいけない。

あなたは、この事を信じますか?信じて疑わない人もやはり多数いるでしょう。

僕は、信じます。

というより、そうあるべきだと思う。

だって、何かを得るばかりでは、失うことでわかる「ありがたさ」に気づけないし、自分のキャパには限りがあって、手放すものがなければ新しい何かを取り入れることができません。

それに、失うものがあることは信じるが、それは同時に、「何かを失うことは、何かを得ること」でもある。

失うものが、すごく大切で、すごく尊いもので、すごく儚いものであればあるほど、それに対する「感謝」に気づくことができます。

その感謝の意を示すために、得たもので他者に「貢献」できる権利が与えられる。

要は、全ては捉えかた次第。何事も、結局は自分の「解釈」によって、人生は好転するのだと思う。

その時、大事なことは、「失うことを大切にする」ということを絶対に忘れてはいけないということです。

失うことは、気づきにくいけど、何かを手放さなくては、何かを得ることができない決意が必要。

けど、その失うものは、ここで説明した「環境」や「支援」「欲望」ではなく、もしかすると、何かを得るためにこれまで自分だけが努力をしてきた、と感じていた「孤独感」なのかもしれない。

と同時に、手に入れたのは、自分だけが、みていた気がする「夢」じゃなくて、貢献による、みんなと共有できる「キズナ」とか「つながり」なのかもしれませんね。