「時の流れ」と「人生の流れ」は違う

「時の流れ」と「人生の流れ」は違う

誰だって未来のことは予測できないし、分かりっこありません。

まず、過去の経験があって、今の自分が成り立ち、今の自分がどうかによって、未来の在り方が決まる。

つまり、「過去 → 現在 → 未来」という時の流れと同じように、自分の人生も流れていくのでしょう。

しかし、この当たり前すぎることをそのまま当たり前だと思ってしまうと、今の自分にも、他人にも「可能性」を失ってしまうのかもしれない。

そこで、当たり前だとされる「時の流れ」という概念のとらえ方を、ガラリと変えてみることで、考え方を変えることもできるはずです。

時の流れに逆らうことはできません。過去に起きた事実を変えることなんてできっこありません。未来を思い通りにすることも確率的に低い。

だけど、現在はどうだろうか?

自分の身の回りの環境も、他人も、自分でコントロールすることはできませんが、唯一コントロールできることは、現在の自分の「マインド」だけではないですか?

つまり、未来という「可能性」を願い通りに少しでも叶えたいのであるなら、現在の自分の考え方(マインド)を変えるしかないわけです。

現在の自分の考え方をどう変えるのか、という話になるのですが、今回は「時の流れ」の捉え方を変えてみようというのをテーマとしてみます。

冒頭でいったとおり、自分の人生というものは、時の流れに身を任せた場合、「過去が現在を作り、現在が未来を作っている」という解釈になります。

その解釈をごっそりとかえて、「現在が過去を作り、未来が現在を作っている」というへんてこりんな捉え方をしてみたらどうか。

今の自分の考え方によって過去事実が決まる

僕たちは過去の経験があるからこそ今の自分がいる。

いい思い出もあるだろうし、嫌な思い出もあるでしょう。

だけど、過去の経験全ての結果によって今の自分がいる考えてしまうと、すなわち「現在の自分は過去の経験に縛られている」ことになってしまいます。

当然、過去の事実を変えることはできません。

しかし、過ぎ去った過去が再び訪れることなんてないわけで、終わったことをどう解釈しようが自由です。

つまり、子どもの頃、全然勉強しなかったとしても、今の自分が「子供の時に勉強しなかったのは、大人になってからの楽しみにしていたから」などと、勝手に解釈しても全然OKなわけ。

口にしなければ、全くの嘘っぱちであろうが、自分で思うだけなら誰にも迷惑かけないし、誰かに非難される理由もない。

過去の事実である経験をそのままストレートに捉えるのではなく、現在の自分が、過去を「観測」すると捉えてみることで、「過去を作っているのは現在」ということになります。

嫌な思い出の過去の出来事も、現在の考え方によって、いい思い出に書き換えることはできるということです。

「過去が現在を作っているのではなく、現在が過去を作っている」という考え方は、まちがってるようだけど、冷静に考えてみれば全然間違ってはいないと思いませんか?

なぜなら、過ぎ去った過去の記憶を、現在の自分の考え方を想像内で書き換えただけなのですから、何も問題ないし、それが今の事実なのです。

僕たちは時の流れに従うとき、どうしても「過去」に縛られてしまう。

学校教育も「良い大学に行かないと良い会社に入れない」「いい会社に入らないと社会は認めてはくれない」など、とにかく過去が現在を作り、現在が未来を作るという考え方を徹底的に叩き込んでしまいます。

なぜなら、過去はどうやっても変えられないと信じているから。

そして、現状を変えられないということは、未来も変えられないという考えにつながり、過去が現在を作るということは、現在が未来を作るということを意味しているからです。

そのため、人は「(過去は変えられないから)仕方ない」と諦めたり、「(現状がこんな状態だから)明るい未来は望めない」と絶望してしまったりする。

自分は大した学歴がないから高望みはできない、とか「妥当な未来像」の内容は、人によってさまざまでしょうが、いずれにしても、多くの人は過去に制限され、現在の状況が未来永劫続くと信じてしまっている。

過去の事実は消えないけれど、その事実が未来を決めるわけではありません。

過去の自分の経験則から「将来の自分はきっとこうなるしかないのだろう」というのはあくまで「推測」に過ぎないといえます。

もしどうしても、過去の経験を引きづっているのなら、現在の自分が「過去の捉え方を変えてやればいいだけであって、縛られた妥当な未来像の内容も、おのずと変えることができるはずです。

今の自分は未来が作っている

過去が現在を作っているのではなく、現在の自分の捉え方(考え方)が過去を作っている、というのなら、現在の自分は何が作っているのでしょうか?

未来です。詳しくいうと、「可能性を秘めた未来」です。

先ほどもいいましたが、人はふつう、今の自分によって、ある程度の未来が決まると思っています。

どんな仕事をしていて、どういう性格で、置かされた環境、人との付き合いなど、あらゆるトータル的な今の自分の姿を伝手に、未来を推測してしまいます。

ですが、そんな妥当な未来像にしかなれないと思い込んでしまうのは、なんだか、夢とか希望を諦めてしまっているように思えませんか?

現在の自分が未来を決めてしまうと、あなたにとっての夢や希望を「妥当な未来像」としてすでに設定してしまうことになるのです。

もうすでに、あなたは、自分はこんなんだから10年後は、20年後はおそらくこうなっているのだろう、という妥当な未来像をゴールとしてしまっているかもしれません。

いやいや、俺はすごい奴になりたいんだ。だから今も希望をもってがんばってるんだ。という人も、やはり、現在の自分の姿が足かせにはなっているはずです。

なぜなら、現在が未来を作るという考え方がしみ込んでしまっているからです。

ですが、よく考えてみてください。

現在が未来を作るというのなら、現在の自分が変われば未来も変わるということです。

現在の自分が変わるとはどういうことかというと、例えば、サッカー選手になりたいと思っている現在の自分がいた場合、当然、サッカーの練習をしようとしますよね。

ところが、サッカーの選手ではなく、ラグビー選手になろうと変えたとき、今の自分はラグビーの練習に切り替えるはずです。

将来サッカーの選手になりたいと思ったとき、今の自分はサッカーに関することに夢中になるが、将来ラグビーの選手になりたいと思ったとき、今の自分はラグビーのことに夢中になるはずです。

つまり、現在の自分の考え方が未来を決めているのではなく、「可能性を秘めた未来」が現在の自分の考え方や行動を作っていることになりませんか?

サッカー選手という未来像がまずあって、それを目指そうとする今の自分の行動を操っている。

未来が現在を作っているということになってはいませんか?

「可能性を秘めた未来」によって、現在の自分を作っているのが、本当の捉え方だとおもいませんか?

つまり、今の自分が未来の自分を決定してしまうのではなく、描く未来の希望や夢が今の自分の考え方や行動を決定しているのです。

自分可能性をコントロールできるのは現在のマインドだけ

未来という可能性が現在を作っているのです。可能性(未来)とは自分が何を欲しいと思い、何をゴールにするか次第で変わるものなのです。

夢や希望を実現するためにどれだけ色々な方法を試しても、「自分の無限の可能性(未来)」を信じられなければ、想像の範囲内の現実しか認識できません。

口で「実現したい」と言っていても、過去の経験が今の自分を作り、今の自分が未来を作る、という考え方に縛られると、「たぶんできないだろう」と考えてしまいます。

自分の可能性を最大限に引き出して実現の確率を上げるには、まず「未来が現在を作っている」ことを理解することが必要です。

たとえ理解できなくても、「自分で自分の未来を作っていけるのだ」と本気で信じることが大切なのではないでしょうか。

なぜなら、唯一、可能性をコントロールできるのは、今の自分の考え方や捉え方、すなわち「マインド」だけだから。

過去の事実も、今置かされた環境も、他人も、自分でコントロールすることはできません。

今、自分はどうっいったマインドでいるかで、行動も変わるし、未来の可能性の確率も変わってくるはず。

過去に縛られ、未来を決めつけてはいけない。

過去の自分は現在の自分が作り、現在の自分は未来の理想像が作る。

目指すべきゴールしっかりと今の自分に刷り込み信じることができれば、見えるものが変わってくるはずです。