「承認欲求」にかくされた陰の言葉

「承認欲求」にかくされた陰の言葉

「承認欲求」とは、人に褒められることで、自分の存在を周囲に認めてもらいたいと感じる気持ちをいう。

アメリカの心理学者である アブラハム・マズローが提唱した理論で、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである。」という仮定の下、「人間の欲求は、5段階のピラミッドのように構成されており、低い階層の欲求が満たされると、より高い階層の欲求を欲するようになる。」と説明した。

そして、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもので、「マズローの欲求5段階説」(自己実現理論)という。

詳しい内容は割愛しますが、人間の欲求は、下位の低次の欲求が満たされると、上位の高次の欲求へ上がっていくとされます。

生きるための「生存欲求」を満たすと、次は「安全を求める(安全欲求)」ようになり、次は人との関わりや接点持ちたいという「社会的欲求」を持ちます。

そして、次の段階で「人に認められたい(承認欲求)」と思うようになり、最後に「自分らしく生きたい(自己実現欲求)」というわけ。

ここで気づいてもらいたいことは、高次の自分らしく生きる、つまり、自己実現を果たしたいと願うが、その前段階には、人に認められたい(承認欲求)という欲求があるということ。

自分の目標や夢を叶えたいという希望がある限り、承認欲求が満たされない限りは、自分らしく生きる欲求が満たされることはない。

多くの人は承認されたいと思っているが

世のなかの多くの人達は、この「承認欲求」が満たされるか満たされないかに位置する人がほとんどです。

それはつまり、人に認められるにはどうすればいいか、自分は社会的にどの位置に存在するのか、自分自身の存在価値はどの程度なのか、など、他人に認められたいという自己顕示を求めようとします。

他の誰かに認めてほしいというこの承認欲求を満たそうとすること誰にだったあります。消すことはできません。

勉強ができない、運動ができない、会話がうまくない、顔がよくない、はずかしがりや、将来の事が不安・・・など、数えきれない不安や心配事を自己解決できるほど、人は強くはないからです。

ですが、これらの悩みや不安ごとの前には「ある言葉」がかくされている。

それは、「他の人と比べて」だ。

勉強ができない(他の人と比べて)

運動ができない(他の人と比べて)

顔がよくない(他の人と比べて)

話がうまくない(他の人と比べて)

・・・

つまり、他の誰かに認めれもらいたい承認欲求の根底にあるのは、「他人と比較して自分はどうですか?」ということが見え隠れしているのです。

「マズローの欲求5段階説」の高次の自分らしく生きる(自己実現の欲求)ためには、必ずその陰に、「他人と比べて自分はどうか?」という心境があり、それを他の誰かに、承認してもらおうとしている。

優越感と劣等感は表裏一体

「他人と比べて自分はどうか?」という心境で、承認欲求を満たそうとしてしまうと、どうなると思いますか?

たとえば、誰かに「あなたはほんとにすごいね」とか言われたことに対し、こう受け止めます。

あなたはほんとにすごいね(他の人と比べて)

他者と比べて自分が優れているということを認識することにより、自分には価値があると「優越感」に浸ります。

一方で、誰かに「あなたはダメなやつだ」とか言われたことに対しては、こう受け止めてしまいます。

あなたはダメなやつだ(他の人と比べて)

他者と比べて自分が劣っているとということを認識することにより、自分には価値がないと「劣等感」に陥ってしまいます。

優越感の対義語は劣等感ですが、実は優越感と劣等感は紙一重なのです。

なんだか矛盾があるように聞こえるかもしれいなが、劣等感を抱いている人は、優越感にも浸りやすいのです。

劣等感も優越感も人と比較して生じる感情。どんなに優秀な人でも、上には上がいるもので、自分よりも優秀な人を見ると劣等感を感じます。

劣等感の強い人は自分はダメな人間だと思っているので、他者の変化により自分の価値が高まることを期待します。

他の人が不幸になれば自分が相対的に幸福になったように感じるので、他者の不幸を喜び優越感に浸るという傾向があります。

ですから自分を人と比べがちな人は、劣等感と優越感どちらも感じやすい人といえます。

なので、他の誰かと比較しようとする自分がいる限り、誰かに承認してもらおうが、劣等感に陥り落ち込んでしまうか、優越感に浸りうぬぼれてしまうかのどちらかにいきつくのです。

じっさい、そうではないですか?

必ずと言っていいほど、あなたも誰かと比較してしまう事は多々あるはずです。

自己実現を叶えようとするその前段階に、他人と比較をして、承認欲求をみたそうとしているのではないでしょうか。

人と比較する欲求は誰にだってある事だし、なにも「悪」だということではありません。普通の人ならだれにだってあることです。

しかし、「マズローの欲求5段階説」の高次の自分らしく生きるという自己実現欲求を満たすためには、承認欲求が満たされる必要があるとされている。

その承認欲求が「他の誰かに比べて自分はどうか?」という基準で「誰かに認めてもらいたい」とするならば、早い話が、「人と比べて自分の方が上である必要がある」ということです。

そんな欲望は果たして叶うでしょうか?

だれからも、「あなたの方が上です」と認めてもらう事は可能だろうか?

ほぼ、不可能に近いことはすぐに理解できるはずです。

他の誰かに比べて自分はどうか、という「他者承認欲求」を求めるのではなく、昨日までの自分と比較する「自己承認欲求」にシフトしない限り、自己実現させることはむずかしいのです。

他者からの承認欲求が満たされることで、自分の存在価値が証明され、やる気やモチベーションを上げるキッカケにはなるが、そこには「他の人と比べて」という陰の承認があるということ。

承認する側も、承認される側も。

承認を期待しない覚悟も必要

そもそも「認めてもらいたい」とか「褒められたい」などと期待をするから、それが期待外れな結果になることで満たされない感情になるといえます。

それなら初めからそんなことを期待しなければ、満たされないなどという不満をなくすことができるのではないだろうか。

承認欲求があることは人として自然なことで、それを完全になくすことは難しい。

しかし、強すぎる承認欲求を少しでもなくすことができれば、認めてもらえないことで腹を立てたり、悲しんだりといった苦しみをなくすことができる。

自分を認めてくれる唯一の居場所と思い込んでいた狭い世界から脱することができ、人の目を気にすることなく、自分に自信を持って楽に生きていくことができるはずなんです。

そのためには、まずは等身大の自分をよく知り、今の自分をシッカリと認めることが大切です。

今の自分が他人と比べてどうかという心情を抑え、覆すことができない今の自分に目をそむけないでちゃんと、自己認識する覚悟を持つことで全てが開かれていく。

他人と比較して、あたかも承認されたかのような「うそ」に惑わされてしまっては、本当の意味での自己実現は、じつは遠かったことにいずれ気づいてしまいかねません。

カンタンではありません。他人との比較を抑え、自分自身に向き合うことは、すぐにできる事ではない。

しかし、そこを攻略しないかぎり、あなたの「自分らしく生きる」自己実現の欲求は永遠に満たされないかもしれない。