ポシティブに捉えることができる人は「何が」違うのか?

ポシティブに捉えることができる人は「何が」違うのか?

人生には、「いいとき」もあれば「つらいとき」もある。

それは、気持ちの変化、環境の変化、時代の変化、体調の変化・・・

何かしら身の回りのことに変化が生じた結果に伴い、「今はいい時だ」「今はなんて辛い時なんだ」というように、簡単に心の状態が左右されてしまいます。

ですが、よく考えてみよう。自分以外の全ての人やモノに変化があるのは当然。むしろ、変化しないと困ります。

コロコロと変化し続ける現状に、毎回毎回、自分の心の状態がもろに影響を受け、その度に、感情が揺さぶられ過ぎてしまうと、心の不安定が生じ、「うつ」になりやすくなってしまいます。

生きている限りは「いいとき」もあれば「つらいとき」もあります。

良いとか悪いとかは別として、良い時と悪い時というのは行動が違いますし、そうやって自分の状況によって人は今の現状によって行動が変わってきます。

人生は山あり谷あり。ですから、良くなったり悪くなったりするのは「アタリマエ」です。

「現状がどうであるか」よりも「現状をどうとらえるか」

さて、すごく「アタリマエ」なことを冒頭からダラダラと述べてしまいました。

そこで、あなたは、どう感じたでしょうか?

「人生には、良い時と辛い時があるのは当然だ」と、当たり前すぎる事を読んで、どう捉えましたか?

A:「そんなことわかってんだよ!言われなくても知ってるわ」

B:「そうなんだ、これからどんなことが起きるか心配でしかたない」

C:「むしろ変化はあってほしい、だって今の現状ってあまりよくないもん。」

D:「全くその通りだと思う。変化はいつ何時もするものだと思ってなきゃだめだよね」

あなたに起こった感情は、A~Dのどのパターンに近いものがありましたか?

「人生には、良い時と辛い時があるのは当然だ」という、文章は同じでも、人によって捉え方は全然違います。

Aにある感情は、「つまらない」です。何度も聞いたことのあるセリフを改めて言われたことで、「それがどうなの?」と、くだらない思いの感情になってします。

Bにある感情は、「どうしよう」です。もしかすると、この「どうしよう」という不安の感情を持ってしまう方が最も多いのかもしれません。

誰だって未来の事に不安を感じ、これからどんな変化が起きるのか心配でならない。「今のままでいいのか・・」「これからどうすりゃいいんだ・・」、などの焦燥感に晒されやすい人は多い。

Cにある感情は、「もしかすると」です。この、期待がこめられた感情は、先ほどのBの不安の感情とは全く反対の感情です。

大抵に人は、今の現状に大満足です、という人はそう多くはないはずです。満ち足りない何かはあるでしょう。だから、未来にどんな変化があるかわからないけど、むしろそれは、今の現状よりも「もしかすると」よくなるかもしれない。

不安の感情よりも、期待の感情を抱き、希望や奇跡的な出来事でも起きるんじゃないかという、明るい感情です。

Dにある感情は、「そうだったね」です。「人生には、良い時と辛い時があるのは当然だ」と、当たり前のことを改めて聞かされて、この文章に対して、「感謝」の気持ちさえも感じたりしませんか?

なかなか人は、分かりきったことを聞かされたところで、「感謝」するひとはあまりいません。僕もそうです。知ってる事を聞かされても、やはり「そうだね」といいつつも、(知ってるよ)って思ってしまいます。

さて、AからDのように、同じ文章でも、捉え方はさまざまでした。同じコトでも、その捉え方は人それぞれだということです。

同じことがでも、それをポジティブに感じる人もいれば、ネガティブに感じる人もいます。この違いが起こってくるのはなぜでしょうか?

大きな点は、それぞれの人が、まわりの環境や起こっていることに対しての “ とらえ方 ” が違うということです。

物事をどう見るか、どうとらえるか、つまり、起きていることは同じでも、認知の仕方次第で出てくる “ 感情が変わってくる ” ということ。

「世の中はよいもの」ととらえる人と、「世の中はよくないもの」ととらえる人では、目の前に同じことが起こっても出てくる感情は違ってきます。

例えば、環境の変化を表すものとして、「景気」という経済状況があります。世の中が不景気でも、よいものととらえることができる人は、明るい気持ちを保ちやすくなります。いかにもポシティブな人って感じですね。

一方で、よくないものととらえる人は、自然と暗い気持ちが強くなるでしょう。

そして、こういう人は、たとえ景気が良いときでも、わざわざネガティブなポイントをわざわざ見つけ、わざわざ暗い気持ちになったりするのです。

つまり、「現状がどうであるか」よりも「現状をどうとらえるか」の方が、人生の良い時、悪い時を決める決定要因だったりするのです。

ABC理論

臨床心理学者に、アルバート・エリスさんという方がいらっしゃいまして、「人は見えている世界をどう受けとっているか、その受けとり方で見ている世界は違う」とおっしゃっています。

まったく同じ場所で同じ経験をしても、人はそれぞれ異なった受け取り方や感じ方をしているため、ある人は喜び、ある人は悲しむといった違いが生まれると名言されております。

そこで、アルバート・エリスさんは、1955年に「ABC理論」という論理療法の概念を提唱します。

Activating event(起こっている事)Belief(価値観や信念)Consequence(結果による行動)

「ABC理論」のABCは、それぞれの頭文字をとってもので、ある出来事(A)に対して、こういう行動(C)をした。それは、その出来事(A)に対する価値観や信念(B)を持っているからである、という考え方です。

もう少しわかりやすくしてみると、こういう事です。

A =あるきっかけとなる出来事が発生!

B =その出来事をどう解釈するかによって

C =それに続く行動が導きだされる

人の気分や感情は、起こっている出来事に影響されるが、 “ 自分の持っている信念や価値観というものの方が、さらに強い決定要因となっている ” のです。

つまり、自分の気分や感情は、自分自身の「とらえ方」がつくり上げているということ。これはまわりの状況や変化による影響よりもはるかに大きなものだったりする。

心の矢印は自分か、それとも周りに誰かか?

冒頭の、「人生には、良い時と辛い時があるのは当然だ」と、当たり前すぎる事に対して、A~Dの異なる感情について、もう一度見てみましょう。

A:「そんなことわかってんだよ!言われなくても知ってるわ」

B:「そうなんだ、これからどんなことが起きるか心配でしかたない」

C:「むしろ変化はあってほしい、だって今の現状ってあまりよくないもん。」

D:「全くその通りだと思う。変化はいつ何時もするものだと思ってなきゃだめだよね」

Aは「つまらない」、Bは「どうしよう」、Cは「もしかすると」、Dは「そうだったね」という捉え方が異なるというものでした。

CとDのパターンの人達の場合、AとかBのパターンは信じられないかもしれません。あるいは「無理してそう考えようとしているのでは?」とも思うかもしれない。

それは、CやDの信念や価値観が深く染み付いているから、そう思うのも当然なのです。

AとかBのパターンの人達は、この人たちからすれば、逆にどうしてCとDのようにネガティブになるのか理解できなかったりします。

さて、ここでAやBのような負の感情が起こりやすいとらえ方(信念や価値観)を「消極的なとらえ方」、CやDのような豊かな感情が起こりやすいとらえ方を「積極的なとらえ方」としましょう。

この場合の積極的とは、人生を創り上げていくために積極的なとらえ方かどうかということです。

反対に、消極的とは、まわりや状況や変化に対し、ネガティブでマイナス的な感情になり、人生を創り上げていくために消極的なとらえ方をしてしまう、ということです。

どうでしょうか。誰がどう考えても、後者の「積極的なとらえ方」のほうがいいって思います。また、そうありたいと思ったりするはずです。むりそ、積極的な捉え方ができたら苦労しねーよ、ってなりますよね。

では、何が違うかって話になるわけ。

AやBの消極的なとらえ方をしてしまう最大の特徴は、「自分だけに矢印が向いている」という点にあります。自分が上手くやるとか、自分のメンツを保ちたいとか、意識が自分のことに集中しています。

一方、CやDの積極的なとらえ方ができる最大の特徴は、「自分を超えたものにもベクトルが向いている」という点にあるのです。

ポジティブで、柔軟性があり、自分自身やまわりへの信頼感が感じられ、未来への明るい視点を持ちます。

とはいえ、AやBの人達からすると、「そんなことを言われても、そういう風にとらえてしまうことが染み付いてんだから、どーしようもねー!」とか、「フツーはこういう風にとらえるよね」ってなるかもしれません。

ですが、AやBの人達がいう「こういう風に捉えてしまう」というのは、「ABC理論」のBelief(価値観や信念)です。

ある出来事(Activating event)は、あなたの価値観や信念(Belief)によって、あなたの考え方や行動という結果(Consequence)を生み出す。

要は、あなたの価値観や信念を、あなた自身が変えない限りは、CやDの人達のように、希望ある明るい未来を創り出すことはできないといえるのです。

心の習慣

そこでまず、信念や価値観は、それまでの経験によって生み出されたもので、あなた自身ではない」ということ。

信念や価値観は、「心の習慣」によって、より望ましい形にしていくことが可能だということです。

消極的なとらえ方をしてしまうのは、生まれつきではなく、環境や携わってきた人達の影響などによる、後天的につくられたものだから、後天的につくり変えることもできるということなんです。

大事なことは、「信念や価値観は、事実(起きている出来事)とは違う」ということをちゃんと理解しておくこと。これらは良いも悪いもあなた自身の勝手な「思い込み」なのです。

「現状がどうであるか」よりも「現状をどうとらえるか」の方が重要で、「社会がこうなってくれたら」とか、「あの人がもっと変わってくれたら」とか、「身の回りの人間がこういう考え方を持ってくれたら」などと思う気持ちは誰にでも出てきがちですが、環境を変えようとしたり、相手を変えようとしたりするのは非常に難しくて、まずできないと思った方がいいでしょう。

だから、まずは、「自分ができることからやってみる」。それは、自分自身のとらえ方、考え方を事が上手く運ぶ方向に積極的に変えてみることです。

起きた出来事に対して、「つまらない」「どうしよう」と捉えてしまうのは、自分だけに心の矢印を向けてしまっているので、起きた出来事をまともに受け止める体制を自らが作っているのです。

受け身である以上は、何も生み出せません、実に消極的な感情になり、人生を創り上げるだけの考え方や発想がなく、ちょっとした変化にもネガティブになってしまうのです。

一方で、起きた出来事に対して、「もしかすると」「そうだったね」と捉えられることは、自分以外の他の誰かに対しての心の矢印が向いているため、他の誰かに、希望や明るい未来を積極的に提供しているのです。

Dの「そうだったね」は、「人生には、良い時と辛い時があるのは当然だ」と、当たり前すぎる事を書いた僕に対して心の矢印を向けてくれているのです。

Dのような捉え方をしてくれた人は、僕に「希望」をあたえてくれたということなのです。

あなたがもし、何かしらの情報を発信しているのなら、その発信は、自分だけに矢印が向いてしまっていないだろうか?

自分を超えた他の誰かに向けた、希望の矢印になってはいるだろうか?