アイキャッチ画像の効果が2倍になる「3つ」の方法

アイキャッチ画像の効果が2倍になる「3つ」の方法

ポスターにチラシ広告、Webサイトといった媒体に起用されるのが「画像」。

そして間違いなくほぼ、目を惹かせるための「画像」や「イラスト」、「写真」を掲載してみたりするはずです。

例えば、このブログでもそうですが、Webサイトの「アイキャッチ画像」や「サムネイル画像」は、記事へと誘導させるための役目を果たしてくれます。

決してサイトの見栄えを良くするだけのものではありません。

本文へと誘導する「橋渡し役」

訪問下さったユーザーに、一瞬で惹きつけ、興味をもってもらい、“ 本文を読んでみたいと思ってもらう ” という重要な目的を果たさなくてはならない。

極論をいうと、1秒で惹きつけないとユーザーは「ちがう!」と判断し、Webサイトなら即離脱されてしまうわけです。

実際あなたも経験はあるはずです。ネット検索してページを表示させた瞬間、すぐに「×(閉じる)ボタン」または、「←(戻る)ボタン」を押して、そのページを閉じようとしたことが。

なぜか。瞬間的に「ちがう!」と判断したからです。それだけです。

例えば、極端な例ですが、以下のようなサウジアラビアのサイトを開いてしまった時、やはり、すぐに閉じてしまうでしょう。

アラビア語を解読できる方、もしくは勉強中の方は、瞬間的に閉じることはしないでしょうが、大半の人は「何?ちがった!」と認識して閉じるか戻るはず。

ですが、次のサウジアラビアのサイトを開いた時、先ほどのアラビア語だけのサイトと比べ、瞬時に閉じるかどうかを検討してみて下さい。

どうです?一瞬「何これ?」ってなりませんか?

「そびえ立つ超高層ビル的なものは何?」と一瞬惹きつけられ、即閉じてしまうことはしないと思われます。

とはいっても、結局はアラビア語が読めなくて、数秒後には閉じてしまうのでしょうが、先のアラビア語のみのサイトと比較したら、後の「アイキャッチ画像入りサイト」の方が、惹きつけられるものがあるはずです。

「アイキャッチ」は「eye catch」または「eye catching」などと英語で書くことができますが、実は英語表現にはない和製英語。

広告やチラシだけでなく、テレビのCMやユーチューブなどの動画、ショップでは商品の購入意欲を高める効果があるため様々な媒体で起用しています。

あなたのサイトにアイキャッチ画像が掲載されていないのなら、このページを一通り読んで頂き、是非とも採用してみることをおすすめします。

ちなみに、先ほどの超高層ビル的な建築物は、アラビア半島のほぼ中心に位置するサウジアラビアの首都「リヤド」の中でも名所とされていて、「キングダムセンター」と呼ばれる超高層ビルです。

高さは302メートルで、日本の「あべのハルカス(300メートル)」とほぼ同じなのですが、キングダムセンターの魅力は夜はライトアップが、日中はガラス張りなので、光源により反射されるその「美しさ」にあるという。

興味のある方は以下にリンクを貼っておきますのでご覧ください。

キングダムセンター(Kingdom Centre)

アイキャッチは自己PRの第一印象

さて、訪問されたユーザーの方に、一瞬で惹きつけるためには、限られた時間で視聴者の心に訴えかけねばなりません。

今回取り上げたのは「アイキャッチ画像」。

あなたが知りたいことは、「どんなアイキャッチ画像を掲載するのが適しているか」。ですね。

アイキャッチ画像を選ぶとき、大抵はサイトの内容に即した画像を選択すると思います。それは正しい判断です。

「料理」のサイトに「荒ぶる海の高波」画像がドドンと掲載されていると「訪問先を間違えてしまった」とすぐに離脱するでしょう。

なので、料理のサイトなら、食材やおいしそうな料理の画像を掲載させ、「このサイトは料理のページですよ」という事を、一瞬で伝える必要があるわけです。

ですが、そんなことは当然といえば当然かもしれません。

しかし、先ほどの超高層ビルの画像が掲載されたサウジアラビアのサイトを訪問した時、「ここはキングダムセンターについてのサイトです」とは知る由もなく惹きつけられたのではないでしょうか。

つまり、サイトに適した画像や写真、イラストを掲載しておけば、瞬間的に興味をもってもらえるとは限らない。と解釈できます。

アイキャッチ画像で惹きつけるための要素が他にもある。と言うのは今回の紐解くテーマだ。

実はいろんな要素があり、サイトの内容によって違ってくるため、コレさえ押さえておけばカンペキは残念ながらありません。

ですが、ここでお伝えする「3つ」の要素は、大半の媒体で有効だとされ、広告業界やWebマーケティング業界においても広く知られていることで、知っておいて損はない大切なことなのです。

その3つの要素というのは ────。

グンッと「愛」を「キャッチ」する3つの方法はコレ!

一つ目は、「画像にキャッチコピーを入れる」。

え?画像に文字を入れる意味はあるのですか?それがあるのです。

百聞は一見にしかず。下の画像を見てみましょう。

サイト画像の「キャプション」はご存知でしょうか。

キャプションとは、画像の下部または上部なりに、その画像を説明するテキスト文章。をいいます。

こんなのがそうです。

キャプションというのは、単なる画像の説明だけではなく、効果的な書き方とその効果があります。

まず一つは、鉄則として、「分かっているを書いては意味がない」です。

次のキャプション入り画像をご覧ください。

キャプションに書かれた内容は、「これは、リンゴです。」

“ 見りゃわかる” ですね。わざわざリンゴだと説明されなくてもリンゴは分かるでしょう。

キャプションとは、画像の説明。つまり、「画像にない要素を説明する」必要があるのです。つまりはこうです。

これなら、ただのリンゴだとは思いません。「無農薬を使っていないリンゴ」という画像にない要素を説明書きするのが「キャプション」なのです。

つけ加えると、画像にない説明とは、リンゴが酸っぱいのか、甘いのか、もぎたてなのかなど、画像だけでは伝わらない要素を記すことも知っておきましょう。

さて、キャプションは伝えるべき説明書きの役目を果たす効果がありますが、別の効果も実はあるのです。

それは、“ 画像に書かれたテキスト文字は本文の2倍は読まれる ” という調査結果がでているのです。

「広告の父」と呼ばれるディヴィッド・オグルヴィは、「本文よりも、イラストに書かれたキャプションを読む人のほうが多い。従ってイラストには必ずキャプションをつけるべきだ。」と明言を残しています。

確かに、画像に書かれたテキスト文字は、つい読んでしまってはいませんか?

そう、元々人は、情報の8割以上を視覚から取り入れている。テキスト文字よりも、画像やイラスト情報を優先的に見ようとするのです。

ですが、画像を見ただけではそれがなんなのかを完全に理解することはできません。なので、そこに書かれた文字は、画像が持つ情報の手がかりとなる唯一の説明。というわけなのです。

さてさて、そのキャプション効果をアイキャッチ画像でも利用するべき。利用しない理由はないともいえるのだ。

ここまで説明すればもうお分かりですね。タダの画像と、テキスト文字が記された画像のどちらが、ユーザーを引き付ける効果があるのかが。

タイトル、キャッチコピー、リード文、なにを書くかはあなた次第です。果たすべき役目は、「いかに本文へと誘導できるかどうか」がカギとなるのです。

広告業界ののセオリー「3Bの法則」を知っておこう

では、アイキャッチ画像を効果を上げるための方法。2つ目の要素は、「3Bの法則」と呼ばれるものだ。

もうすでにご存知の方もいらっしゃるでしょうが、知らない方は、知っておくべきことです。

「3Bの法則」とは、

美人(Beauty)

赤ちゃん(Baby)

動物(Beast)

画像のイメージキャラクターとして、「美人の女性」を起用しましょう。すれば惹かれる画像になります。なるほどなるほど。なるほどでしょ、男性諸君。もちろん女性の方も。

画像のイメージキャラクターとして、赤ちゃんを載せましょう。これは、限られたサイトになってしまいそうですが、これは「ベビーフェイス効果」という人の心理現象を利用しています。

大半の人は、かわしい赤ちゃんをみると、緊張感がほぐれ警戒心がなくなり、「守ってあげたい!」心理が働きます。赤ちゃんの画像は、見た人に親近感を与え、より安心感を感じとる効果があるのです。

初めて訪れたサイトは、少なからず警戒心があり、安心しきれない心境がありますが、そこで赤ちゃんの画像をみると、本能的に、フーッとその警戒心が取れるといわれています。

となると、3つ目の「動物画像」も、赤ちゃんと同じ効果があるというもの。です。もちろんイラストでも効果があります。

実は、この美人、赤ちゃん、動物の3B要素に近いモノがありますが、惹きつけられやすい画像をランキング形式で発表された調査結果があるので、ここで紹介しておきましょう。

子供と赤ちゃん

お母さんと赤ちゃん

スポーツシーン

芸能人

なぜこれらの写真は、人を惹きつける効果があるのでしょうか。

それは、愛する人を守りたい、そして気遣いたい、元気でいたい、有名になりたいといった、本能的な欲望の欲求をあなた自身が求めているからです。

子供と赤ちゃんの画像は、ついこの間まで赤ん坊だったお兄ちゃんが、いつの間にかお兄ちゃんらしさを見せ、妹である赤ちゃんを気づかす姿に愛らしさを思えます。

お母さんのほど子供の心を癒し、しずめてくれるものは他にない。上記ではお母さんと赤ちゃんとなっていますが、赤ちゃんと子供でも、惹きつけ伝わるものがあるというものではないだろうか。

いつになっても運動はいいものだ。高齢化社会と余暇の活用という社会環境に応じて、運動・スポーツは脚光を浴びている事は確か。明るく元気なの根源はスポーツ。それは本能的な体を動かす欲求なのです。

夢を売る仕事人。それはやはり、芸能人という憧れの存在に強く惹きつけられてしまうのです。

権威性があるからといってしまうと、なんだか野暮ったくなってしまうが、夢の再現性を演じてくれるスター性といえばどうだろうか。

このように、「3Bの法則」や欲を満たす「画」を起用すると、視聴者の目に留まり、好感を持たれやすいという、広告業界の常識となっているセオリーなのです。

そして、アイキャッチ画像を効果を上げるための方法。最後の3つ目の要素は、すこしハードルが高いかもしれません。

それは、「自サイトのオリジナルキャラクターを創作する」です。

「イラスト作成」。ということです。自分のサイトの「キャラクター」を作ってしまうこと。人物・動物・ロボット的なキャラなど、あなた自身をキャラにしてしまうのも、もちろんアリです。

近年、企業のブランディング にオリジナルキャラクターを使うケースが増えています。独自性・オリジナル性・信頼性など確固たる説得力を発揮することは確かです。

今ならノンデザイナーでも簡単にイラスト作成ができる無料ソフト等があります。一度チャレンジしてみるはどうでしょうか?オリジナルキャラクターは愛着感が沸き、「更新しよう」「もっといいサイトにしよう」など、サイト作成の意欲とモチベーションを維持する効果もあったりするのです。

初心者でも簡単に!フリーで使えるイラスト作成ソフト10選