習慣化

1/2ページ

「言葉の力」で悩みを解決するこんな考え方

悩みってのは、解決しようとしても解決できないもの。 悩まないようにしよー、って強引に思いこませようとしても悩みに対するストレスがもっと強いストレスになってしまう。 悩みは悩みでしかないし、自己解決しようとすることは正直なとこ、「あきらめる」方がいいかもしれません。 「あきらめる」ことは、悩むことを「 […]

行動力を上げるために今すぐできる「○○」を意識しよう

人は長~い歴史の中で「行動力」があるからこそここまで進化してきた。 頭の中で思考するだけ、ポシティブな言葉を発するだけでなく、じっさいに「行動」しなければ成功も失敗もまわりの反応もない。 だが、いかんせん「行動力がある方がいい」それがわかっていても行動にうつせない人もいます。 行動したいのに行動する […]

集中する時に、集中できない当たり前の理由

何か作業をしていて、ボーっとしていたらメチャクチャ時間が過ぎていた。という人はメチャクチャ多いだろう。 仕事から帰って疲れがたまっている状態で、集中を要する作業をしても、ボーっとしてしまうのは当然。 だけど、そんな状態であるにもかかわらず、なぜかその集中できない状態にもかかわらず、自ら強制的にがんば […]

無意識の習慣はパターン化された手順通りの型(かた)

これから、少し変わった姿勢(ポーズ)をとってもらいます。 その少し変わった姿勢のやり方手順を書きますので、もしよろしければやってみて下さい。 まずは、両足をそろえ、直立不動の姿勢で立ってください。 そして、膝を少しだけ曲げ、やや、かがむ姿勢をとります。 そして、肘を曲げ、両手を胸のあたりでもってきま […]

習慣化を左右する「直後」の出来事

人が行動を「続けるか」、もしくは「続けないか」を決めるのは、その行動の “ 直後の出来事 ”で決まる。 人が行動を「続けたい」と思うか、もしくは「続けたくない」かを思うのを決めるのは、その行動の “ 直後の出来事 ”によって決まる。 ある行動を行った直後が「快楽」ならば、その行動を今後も続けたいと思 […]

「今日できたことは、明日もできる」心理を習慣化にしてみる

「続けねばならぬ」は続きにくい 人は誰でも何かを続けようと思うと、「さぁ、今日から続けよう!」って噴気張ってしまいがちになります。 おもしろいことに、人は、「今日したことは、明日もしてしまう」と思ってしましまったり、「今日起きたことは、次もまた起きてしまう」と思ってしまう。 そこで、この心理を「習慣 […]

すぐに行動しない、つい先送りをしてしまう理由

人の口ぐせは、「あとでやろう」。「あとでやろう」という気持ちの裏には、「あとならできる気がする」「あとでやったほうが早くできるはず」という気持ちがある。 ですが、実際はそんなことはない。あとでやったところで自分の才能も状況もほとんど変わらない「いま」が再びやってくるだけ。 未来の自分は今の自分よりも […]

「新年の目標」を忘れ去ってしまう心理と失敗に終わる理由

早いもので今年も半年が経ちました。なんだかお正月が昨日のことのように思えたりもするのではないでしょうか。 ところで、毎年1月になるとする事といえば、「新年の目標を立てる」など、「今年はこうしよう!」と誓いを立てたりします。 ですが、ほとんどの人が、半年も過ぎれば忘れてしまいます。あなたはどうでしょう […]

「社会人(大人)の勉強」と「学生(子供)の勉強」の違いと視点

大人になると、仕事に家事に、地域の行事やイベント、子供の相手・・・など、とにかく時間がなくて勉強する時間もなく、講習会やセミナー行きたくてもその暇がない。 そういう方は結構いることでしょう。 ですが、勉強するということは、机に座ってテキストを広げて何かを覚えること、という発想はいったん捨てたほうがよ […]

ハードルを上げる事と下げる事の2つのアプローチで「飽きる」を克服する方法

誰でも経験あると思います。「なんだかつまらないなぁ~」「だんだん面倒になってきた・・・」 始めた頃はやる気満々で、楽しさも感じていたのに、毎日毎日同じことを繰り返しているうちにいつのまにか訪れる「飽きる」という感情。 続けることは大事だとわかっているが、どうにもならないのが「飽きてしまう」、という問 […]