抽象化思考

「上達させる」イメージトレーニングと「行動を起こさせる」イメージトレーニングの違い

思い込み ─── 。 すべての行動を制御させるものの正体は、「思い込み」なのか。 自分が思っているイメージとは、自分のこれまでの経験でしか思い描くことができない。 そして、自分が思うイメージと、他人が思うイメージが違うのは至極当然なこと。 なぜなら、だれもが、自分目線でイメージしてしまうからだ。 次 […]

人工知能(AI)にできない、人の「考える」領域

AIに仕事がとられる? 学習した膨大なビックデータを使って瞬時に答えを出すその創造性を獲得した“ 人工知能(AI) ”の進化と脅威。 侃々諤々のAI征服・略奪論の文字としゃべりばかりを浴びせられ、不安と期待が両立している今日この頃。 「AIに仕事がとられる」とか、AIが人類の知能を超える「シンギュラ […]

「たとえ話」の “ たとえ ” を見つける基本的な方法

なんていえばいいのかな~ 他人に、ある事柄を説明するとき、どうすればわかりやすく伝えられるかどうかを悩むことは多々あります。 「なんて説明すればわかる?」「これに関してはホント説明しづれーよなー」「君にはどう説明すればいいかね?」さぁーどうでしょうか? 同じ日本語を話す者同士の会話の場合、伝わるか伝 […]

「目標の抽象化」で “ 継続 ” は確実に実現している

目標を達成するには、具体的な行動計画が必要。そしてその行動計画も継続させることでやがて実ってくるというもの。 いわゆる継続は力というモノです。 続ける力とは、毎日欠かさず続けることだろうか? 例えば「毎日30分間のジョギングを続けよう」という具体的な行動計画を立てたとします。 始めの1カ月くらいはど […]

相手の「分かる」に置きかえる “ 伝わる文章 ” の書き方

「知る」と「分かる」は違う。 例えば、「国債費とは何か?」 国債費 = 利払いや償還費用、事務取扱費の合計 学生の時、こんな感じで丸暗記した記憶はありませんか? 教科書に書かれている言葉をそっくりそのまま、ただ暗記だけして「知ったつもり」でいた。 しかし、内容を理解していないのである。「国債費とは利 […]

「概念化する」とは何か?─ コトの抽象化と定義 ─

物事を抽象化するとは、「いくつかの事物に共通なものを抜き出し、それを一般化して考える」と解釈します。 一方で、似て非なるものに、「概念化する」という言葉がある。 あるコトに対し、抽象度を上げて考えよう。といっていることが、実は、「概念化して」考えよう。と捉えることもあります。 抽象と概念、その違いは […]

「なぜ?」の問い立ての方向と展開

目の前の一つの漠然とした「問い」も、あらためてよく見ていくと「複数の問い」から成り立っていることに気づく。 その漠然とした「問い」を複数の「小さな問い」に分け、それぞれの問いに答えることが最初の問いへの解答になるようにしていく方法がある。 さらには、分けられた複数の問いの間のつながりを考えていくこと […]

今ある知識を「新たな発想」にするための考え方

ある事柄や問題点を解決するにはそれに対して「なぜ?」の問いを立てる。 そして、その「なぜ?」の問題そのものの「上位の目的」を考えることで、新たな解決策や発想を見つけ出す事ができます。 その時、「上位の目的」を見つけ出す手段として、「抽象化」は一つの手がかりとなります。 抽象と具体 「抽象化」を理解す […]