働き方

「陽の当たる努力」と「陰の努力」のメリットとデメリット

努力する人には、見える努力をする人と、見えない努力をする人がいます。 そして、多くの人が、見えない努力より、見える努力をしがちです。 見える努力とは、自分の「がんばり」を人に見てもらうことをいう。 なぜ、努力していることをあえてカミングアウトする必要があるかというと、「評価」してもらいたいからだ。 […]

ここらでひとつ「正しい努力」について紐解いてみた

努力にムダな事は一切ありません。 ですが、ムダな努力はなくとも、必ずしも「報われるとは限らない」ともいわれたりしてます。 ここでいう、「報われる」とは、「人に与えた恩恵や、目標や希望を叶えるための労に対して、それに見合うだけのものが返ってくる」という意味らしいです。 つまり、努力が報われるとは、レベ […]

「我慢」は自己防衛だが「忍耐」は自己成長です

世の中には簡単、たった10分で、これ1本でというような、キャッチコピーが飛び交っています。 何せ人は少しでも楽がしたいので、こういったキャッチコピーに心が揺さぶられるので、モノが売れたりもします。 実際僕も売り手としてセールスコピーに活用しますが、逆に買い手としてまんまと踊らされることもある。 現代 […]

会社勤めの努力と副業の努力の違い

ここ数年で副業を始める人が増えているらしい。 政府の働き方改革の一環では、副業を促進しており、2018年は副業元年と呼ばれるようなった。 あなたの周りにも副業をしている人は、いるのではないだろうか?あなた自身が、副業をしている場合もあるかもしれません。 さて、その副業の結果はどうですか? あなたが副 […]

やりたいこと探しが目的になっていてはやりたいことは見つからない

「これをやりたい!」と即答できる人も実はごく少数だったりする。 希望に満ち溢れている20代の若者も、折り返し地点に差し掛かっている40代の人たちも、人生を謳歌しようとしている70代以上の方々でさえも本当に本当にやりたいことはこれなのだ、とハッキリ言いきれる人は相違ないと思います。 それはなぜか?「や […]

「疑う」ことは「否定」することではありません

物事を「二元論」でしか考えられない人は結構います。 二元論とは、白か黒、勝者か敗者、成功か失敗、有か無、善か悪といったように、物事を二極的に判断してしまう考え方。 白か黒に分けるのは分かりやすく、気分的にスッキリします。数年前までは、キャリアにおいて「勝ち組」と「負け組」に分けようとする二者択一の考 […]

経験値を飛躍させ「できそうにない」を「できる」に変える方法

「やったことがないから」 「聞いたことがないから」 「見たことがないから」 何もしないうちからできない理由をあげてしまうのはなぜか。 それはおそらく「経験」したことがないからという理由にしてしまってはいないだろうか? 確かに経験したことなら、多少なりとも「自信」があるため「できる」、と思うでしょう。 […]

10年後のために身につけておきたい共通の「キャリア」

IT環境のイノベーションで、個人が起業したり投資したりすることへの敷居が下がり、若いうちから経済的成功を実現したいという価値観、目標をもった人たちも増えているように思います。 ジリ貧と思えるサラリーマン生活などにはもう期待しない、ということなのだろうか? 僕は、気づけばすでに40代。ごくごく普通のサ […]

会社勤めをしながら「自分の市場価値」を高める方法

会社が潰れても、食べていける人と、食べていけない人がいる。 この違いは、「他人からどう思われるか」という人と、「他人のために何ができるか」と思える人の違いではないかということです。 会社勤めに人は、上司にどう思われるかなど、社内の評価はどうかという「要求」に応じて働く人がほとんどかもしれない。。 一 […]