セールスコピー

「感覚的」な曖昧さを伝えるにはどうすればいいか?

「あやふや」と「うやむや」と「あいまい」と。 あやふやにするから、うやむやになる。結果、曖昧(あいまい)な表現しかできないのか? 感動したとき、「言葉に言い尽くせない」とかいったりしますが、感動とは、複雑な喜怒哀楽の「あやふや」な感情が絡み合い、どの感情表現をするばいいのかがわからなくて言葉が「うや […]

まともな「効くキャッチコピー」は考えない過ぎない方がいいかも

キャッチコピーを考えるのは苦手です。 そして私もその一人です。どれだけ脳内放浪して汗かいて考えても、世界中に溢れかえる「すげーっ」てキャッチコピーに勝るほどの斬新なコピーを思いつけるアイデアは生み出せない。 かといって、アイデアは空から降りてはこない。残念ながら、アイデアというものは、どこからともな […]

読ませるコピーって何かこう、想像させられちゃうんです

ひゅるひゅる~ドォオ──ン ・・・バチバチバチ~ 花火。だったりする。 まさかの「花火の音」だけを言葉で表現してみた。 言葉ってのは、それ単体では読み手に正確には伝わりにくいもの。 「ミスター」で知られる野球界の大スター・長嶋茂雄さんが選手たちに打ち方をおしえるときに「スッと」「キューッと」「パーン […]

“ 行動してもらう ” コンテンツに必要なライティングの要素

「必要としない商品は買わない」 「知らない人からは買わない」 「さしずめ人は、なかなか冒険はしない」 20代が「消費しない理由」を考察すると過ごしてきた時代の背景が「生まれた頃からずっと不景気だった」ことがある。バブル景気の時代の消費と今の消費マインドを比較すればまるで提灯に釣り鐘。 前者は、お金を […]

「コピーライティングの三原則」を知っておこう

インターネットは生活に欠かせないものになりましたが、そのやりとりの全ては、「言葉」を軸に成立しています。 「言葉」が添えられてこそ明確な判断ができ、行動の基準が生まれる。インターネットは昔も今も、まさに「言葉」の文化 今ではインターネットで得られる情報はついつい、動画だったり、フラッシュのような簡単 […]

知っておきたい。“ セールスコピー ” とは何か?という基本的な事

言葉で「価値」を上げる事ができるって知ってますか? Webサイトやポスター、POP、チラシ広告に書く言葉(セールスコピー)は、モノの「価値」を上げる。 セールスコピーの役割は、「言葉を使ってモノとヒトとの新しい関係を創り、商品や企業の価値を上げる」ことが役目。 生活者が「この商品はお金を払って買う価 […]

「何をどうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする伝え方

私たちは、何かを伝えるために説明したり、文字を使って文章でいいたい事を伝えたりもします。 ただ話を聞いてもらう、ただ文章を読んでもらうだけでいいのならそれまでですが、伝える相手に「行動」してもらうことを願っているはずです。 というのも、商品を売るときのセールスコピーは、「この商品はいい商品だ、欲しい […]