コピーライティング

1/2ページ

文章を「論理的」にする手っ取り早い方法

── 論理的とは、どんなもんですか? そうだねー。じゃぁひとつやってみようか。 キミが「イケてるメンズ」だということを論理的に証明してみよう。山田くん、キミの家の庭には、たしか「プール」があったよね? ── はい、あります。 ということは、キミの家の「庭」は広いということだ。 ── はい、まぁまぁ広 […]

じっくり、ゆっくり文章を読んで頂くための、ちょっとした方法

予期せぬ場所に「飛ぶ」のである。 勝手に別の場所にポンポン飛んじゃうんです。 「飛ぶ」なんてことは普通に「ザラ」で、たまに、勝手に「保存せずに閉じる」現象が起きたりもしやがる。 あなたもありますか? こんな「飛ぶ」現象が。 冒頭からいきなり「なに言ってんだコイツ?」ってなりましたか?なりますよね。 […]

「感覚的」な曖昧さを伝えるにはどうすればいいか?

「あやふや」と「うやむや」と「あいまい」と。 あやふやにするから、うやむやになる。結果、曖昧(あいまい)な表現しかできないのか? 感動したとき、「言葉に言い尽くせない」とかいったりしますが、感動とは、複雑な喜怒哀楽の「あやふや」な感情が絡み合い、どの感情表現をするばいいのかがわからなくて言葉が「うや […]

どっちなの?わかりづらい「多義語」について

さて、この文章を読んで、何を想像したでしょうか? 何かを期待していたことに対して、実はかなり的外れだった。 または、あの人に何かを助言されたが、それほど簡単ではなかった。むしろ裏切られた。 など、「見通しが甘かった」とか、「信じた自分が甘かった」という意味で解釈されたかもしれません。 ですが実際は、 […]

読んでもらえる文章にするためのちょっとした「テコ入れ」

キレイにまとまっている文章は読みやすい。 でもなんか、スイスイと読みやすくてキレイにまとまり過ぎる文章って、読まれて終わり。 何かしらの反応もなく、記憶に残らない、いってみれば「つまらない」文章だったりします。 すごく理解もできるし、書いてある内容もよくわかるんだけど、特に何の刺激もなく、ただ事象を […]

まともな「効くキャッチコピー」は考えない過ぎない方がいいかも

キャッチコピーを考えるのは苦手です。 そして私もその一人です。どれだけ脳内放浪して汗かいて考えても、世界中に溢れかえる「すげーっ」てキャッチコピーに勝るほどの斬新なコピーを思いつけるアイデアは生み出せない。 かといって、アイデアは空から降りてはこない。残念ながら、アイデアというものは、どこからともな […]

人を惹きつける文章とは、「結論」をどう表現するかで決まる

「人に伝わる文章」と、「人を惹きつける文章」とは違う。 ノウハウ、問題解決、情報提供など、これらのビジネス系ライティングの文章は、読み手が理解してこそのコンテンツです。 人に伝わる文章を書くためには、筋の通った文脈表現はさることながら、それ以前の大前提として「先に結論を書く」といった基本ルールが常套 […]

読ませるコピーって何かこう、想像させられちゃうんです

ひゅるひゅる~ドォオ──ン ・・・バチバチバチ~ 花火。だったりする。 まさかの「花火の音」だけを言葉で表現してみた。 言葉ってのは、それ単体では読み手に正確には伝わりにくいもの。 「ミスター」で知られる野球界の大スター・長嶋茂雄さんが選手たちに打ち方をおしえるときに「スッと」「キューッと」「パーン […]

“ 行動してもらう ” コンテンツに必要なライティングの要素

「必要としない商品は買わない」 「知らない人からは買わない」 「さしずめ人は、なかなか冒険はしない」 20代が「消費しない理由」を考察すると過ごしてきた時代の背景が「生まれた頃からずっと不景気だった」ことがある。バブル景気の時代の消費と今の消費マインドを比較すればまるで提灯に釣り鐘。 前者は、お金を […]

「コピーライティングの三原則」を知っておこう

インターネットは生活に欠かせないものになりましたが、そのやりとりの全ては、「言葉」を軸に成立しています。 「言葉」が添えられてこそ明確な判断ができ、行動の基準が生まれる。インターネットは昔も今も、まさに「言葉」の文化 今ではインターネットで得られる情報はついつい、動画だったり、フラッシュのような簡単 […]